note et silence

好きなボカロ曲を羅列するだけのブログ

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一定期間更新がないため広告を表示しています

早いもので、2009年ももう終わりです。年々加速している気がする。

さて、一度やってみたいなぁと「2009年ボカロ曲10選」などやってみました。

公開マイリスも作ってみました。ブログでの紹介と重複しますがコメントも載せていますので、ぜひぜひ見てやってください。
CDが初出のものを除いて、「とにかく聴いた!よく聴いた!」という曲を選んでみましたが、その中でも転機となったり、きっかけとなったりした曲を選んでいるようです。「これでリンにハマった!」とか「こういう曲にハマった!」とかね。
今年は、以前から活動されていたのにもかかわらず今年になって好きになったPも多く、2008年以前の曲をよく聴いた気でいたので、2009年となると意外と少ないと感じました。キャプミラPとかdaniwellPとかラムネPとか…。ソワカちゃんのさくしゃさんことkihirohitoPとか…。もっと早くハマっとけよ!と何度も思いました。

今年はボカロCDに初めて手を出した年でもありました。
この記事でも書きましたが、P個人のCDもmp3とは違う味わいがあるし、サークルで出されるCDは複数のPがひとつのテーマ・コンセプトに沿って作り上げていく面白さがある。
CD曲でひとつ取り上げるなら、これだなあ。『アヒルアルカナ』収録。『アヒルホスピタル』曲もよかった。


それから、基本的に乗り遅れがちな人間ですが、面白い企画をリアルタイムで見られたことはよかったなぁ。
時田トリビュートとか、

恋は洗脳とか。

初めて知るPも多く、ここからいろいろハマったので余計にそう思います。Pだと、ハイネケンPやミチヲさん、effeさんが特にそうでした。

来年はどうなるかな!
よいお年を!
daniwellPの新作きましたよ!

ヒュ→ヒュ→! 音楽と映像、両方で楽しめる作品。歌詞の動きが楽しいです。なかなかないなぁ、こういうの。
この記事でも紹介させて頂きましたが、daniwellPの曲は毎度楽しいのでマイリス巡回をおすすめします。 とりあえずおみくじ引きましょうぜ



サビのところのミクの声の伸びがきれいで、好きな曲調。葉山つばめさん初めて知ったので、マイリス巡ってきます。
それから、こんなところでナンですが、絵を使って頂いてありがとうございました…! ヒー!



開始20秒で心奪われました。ちょっと捻った感じでだるっとしたバンドサウンドがいい。前向きな歌詞と、サビ終わりのキーボード?の部分がすごく爽やかで、スカッとします。
サムネ真っ黒なのは、あえてなんだろうか…。そのせいで埋もれてるとしたら勿体無いなぁと思いつつ、オススメ。



こちらも開始数秒で心奪われた曲。タイトルで避けてはならぬ。
サビのベースの感じと金管?の入り方が、なぜだか懐かしい感じがして好きだなあ。「ボクはキミのキミの 彼氏?彼女?になりたい」っていう部分がすごく好きなんですが、まぁ色々と混乱しますよね…。聴いて確かめてみてください。
いよいよ明日はボーマス9ですね。今回も脳内で参加したことにします。

お金が無くて、シングルCDじゃなくアルバムCDを厳選して買っていた身としては、やはりアルバムという形の方が好きだなと感じることが多いです。mp3プレーヤーが普及して1曲単位で曲が買える世の中ですが、やっぱりアルバムが好き。
ボカロは1曲ごとに評価されている流れという印象を受けてるんですが。Pのマイリス巡ってみると、再生数が数万の曲もあれば1000に満たない曲があるということが度々あってびっくりします。P単位で聴かれるのがいいのか、曲単位で聴かれるのがいいのか、わかりませんが。

でも1曲単位で聴かれているボカロだからこそ、アルバムの存在がすごく面白くなっていると思います。
(流通に乗ってるボカロオムニバスCDの話というより、この場合はP個人、あるいはサークルのCDのことを指していると思ってください)

mp3全部持っていたとしても、曲順によって受ける印象は全然違う。「この曲の後にあの曲が来る流れが好き!」って、私はよくあるんですよね。そして、1曲だけで聴いていた時はピンと来なかった曲が、曲順のおかげで好きになるとか。よくある。全体の印象をまとめる為に、既存曲に手を加えて新しくされたりとか。おかげでDLしたmp3も、CDバージョンも両方持ってる、なんてことがよくあります…。
コンセプトアルバムなんかは、もうアルバム全体で1曲!という感じ。どれも欠けてはいけない。時々、ニコ動上でP個人によるアルバムツアー企画がありますが、あれ楽しいですよね…。コンセプト・テーマの存在はアルバムにおいて、やっぱり重要。コンセプト買いなんかもしました…。
他にも、P同士が一緒に作ったCDもこれまた非常に面白い。
聴き手からするとP同士の交流って見えないんですが、「あの人とこの人が一緒に!?」と意外な驚きと新しい発見があるので、どんどんやって頂きたい。個性のぶつかり合い、おいしいです。

ボカロCDは、コレクターズアイテム・ファンアイテムとして位置付けられてしまうには、あまりにも勿体無い。配布されているmp3だけで楽しむのももちろん大アリなのですが、CDにも手を出して損はないと思います。好きな曲ばかりなら、なおさら。



さて、備忘録として「気になる!欲しい!」というCDのデモ動画を以下に。
ほ、欲しい…。委託通販があるものはもちろん買いますが、会場でなんとなく手に取ったCDがアタリだったこともあるので、やっぱり現地に赴きたい。3月のミクフェスでは、田中和夫さんのCDがまさにそんな感じでした。イベントの醍醐味って、やっぱりそういうもの。

▽捻れたアヒル

今回も面白いテーマでやってくれました。「病院」。どの曲もワクワクしすぎて、今からやべえです(私が)。アヒルは絵師のフィーチャーの仕方も面白いなァ。

▽Rin(ぎん)さん

ここ最近好きなP。テクノポップ、ニカ、トランスなどテクノ中心にいろんなジャンル詰め合わせ。聴いてて気持ちいい曲ばっかりだ。

▽ミチヲP

ここ最近好きなP二人目。「繊細さ、やわらかさ、過去との決別、静かな狂気をイメージ」ということで、ニコ動版とは音が結構違ってる印象。既に通販されてます。

▽骨盤P

初の骨盤PCD! 既に発表している曲はミックス変更&リマスター!ということで、StargazeRのイントロがえらい格好いいことになってます。ヒー! これだけで買おうと思ったよ。

▽GonGossさん

22曲入りだと…。GonGossさんの今までをまとめたアルバム。個人的にCDジャケットが、らしくて好きです(笑)。

▽kiichiさん&林檎さん

インストのみだった前作「阪急沿線EP」と違い、今回はボカロ&インスト。『郷愁エレクトロニカ系』っていいすなぁ。動画内の写真もいい。電車で聴くべき。

▽Treow(逆衝動P)さん&ちゃぁさん&kiichiさん

このお三方の組み合わせは最強じゃないですか…。タイトルの妙。ワクワクテカテカ。

▽プーチンP

待望のプーチンP、第1部アルバム! しうかさんの絵もたっぷりです。プーチンPは第1部とサイコパズル曲しか聴けてないので、これを機に全部聴きたい…。

▽古川P

最近好きなP三人目。静かな中にかすれたミクの声がいい。それにしても曲順いいな、これ…デモだけでテンション上がった。しかもbakerさんによるピアノ・レッスンリミックスが収録だなんて…。

▽kousさん


kousさんCD、2枚も! フルアルバムと絵師8人の方とのコラボCD。面白い試みだなあ。デモ動画もすごく凝ってる。

とりあえず、確認できたCDだけを挙げてみましたが、おそらく漏れがあるんだろうなああぁぁ……
行かれる方は楽しんできてください!

これは取り上げねばなるまいよ。
『勝手なアニメ「トラベラー」』から、新作待ってました! 
これは… 初期から聴いている訳でもないし、キャラに萌えてるとは言いがたいどっちつかずの聴き手で、あまつさえ聴きたい時に聴きたいものを聴くという感じでやってきているのですが、じーんとしてしまいますなぁ。演出と表情がたまらんです。こころりPのPVは毎度涙腺にガッと来るんですけど、これはなんかもう、うん。いい。

改めて、誕生日おめでとう。ミクに興味持たなかったら、諸々との出会いはなかったんだろうなァと思います。

別に夜がテーマな曲ではないけど、なんとなく夜に聴きたいという曲がある。
最近聴いてる曲にそういう感じのものが多かったので、そういうテーマで記事書いてみます。基本的に静かな曲が多いかもしれません。夜独特の空気というか匂いというか、寂しさというか、夜一人でいる時の気分を表わしてるなァと、勝手に思った曲たち。
他にもたくさんあるんだけど、紹介した事ない曲縛りで。


「ボカロオリジナル曲をポップン風に描いてみた」の人の選曲で知った曲。
夜明けっぽい雰囲気だと思います。サムネ画像がしっくりくる曲。ミクの声の揺らぎが気持ちいい。ミク&レンアリだな。


二人で歌ってるのに、なんか孤独っぽくて好きな寂しさ。ミク&がくぽもアリだな。


落ち着くけど、ノイズのおかげで退屈にならないのがいいなぁと思います。


作品が多くて、まだ全部聴けていないけどノエルさんの曲いいなー。
マイリスト⇒【ニコニコ動画】初音ミク

静かなピアノの音と寂寥感たまらない。でも、あまりクリアじゃない音があたたかさを与えてていい感じ。歌詞もいいです。


あと、ボカロ使ってないんですけど。テレパスミュージック。涼しげでいい。

テレパスミュージック、面白い試みなのでがしがし探索したいんですけど、なかなかそうはいかないのが辛いところです。ニコニコインディーズもしかり。

「夜」って好きなモチーフなので楽しかった!
あんまりゴテゴテ紹介文書くのもアレかなーと思って軽めにしましたが、そもそもこういう曲はガッチリと向き合って聴くより、さらっとBGMに聴くのがよろしいかと。
秋の夜長に…って訳じゃあないけれど、夏の夜もそれはそれでいいものです。



その他気になったものたち。主に派生動画いろいろ。
DIVA方面全然わからないんですが、これはいいな。ちゃんと曲のPVって感じで。表情や演出が細かい。


ええええええ何これ…度肝抜かれた。ぬるぬる動く、ってレベルじゃないです。動くのはもちろんなんだけど、背景の美しさよ。
壁にサイハテやフリクリを描いた人だと聞いて、さらにテンション上がりました。


今更かなあと思いつつ。大福Pの曲で、こんなに楽しいことに。ストップモーション楽しいです。
JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID


浦島太郎状態なのですが、とりあえず拾えたもの。
何はなくとも、miksolodyne-tsさんの新作!
テクノポップ+生楽器っていいな〜。今風の音なのにトランペットの音が何とも言えない懐かしさをかもし出してる。特に最後の盛り上がり。4分前後。
好きなPと好きなPV師の方が組むと、衝撃はすごい事になりますね。どっちも過不足なく魅力詰まってる。音にも動画にも、レトロSFのエッセンスが散りばめられててたまりません…。

んでもって、「歌ってみた」もとてもよい。mixはtsさんで動画はオサレPさん。贅沢な。koi ha ongakuでも、こめるさんいい感じだったので嬉しい。


紙動画・コラージュミクの人、ミロさんの新作。
daniwellPの曲だと…!? 単なるPVじゃないのが非常にユニーク。

ミロさんもdaniwellPも、この人たちの作る動画はどれも楽しい。綺麗とか可愛いとか感動するとかより、楽しいがぴったりだと思う。にこにこする。

前作紹介しきれてなかったのでここに。

クレイアニメ! 紙だけじゃなかった! 製作過程かと思ったら、きちんとアニメで楽しませようとする心意気がすげえ。

wintermuteさんの新曲。
久々に弾けた感じ。夏の夕方〜夜のドライブで思いっきり聴きたい!


ああ、この不安になる感じたまらんなー。きれいな曲。


あと、もう異様な盛り上がりを見せているこちら。しゃべるとマナジーがなくなるので、まずは見てください(笑)。面白いなぁ…

remixやカバーだってあるんだぜ…
個人的にはこれが好きです。
JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID


若干Pの『うそつきでもすき』に、アニメPVが来ましたよ!

これはいい…大好きだ…。絵もセンスも、曲によく合ってていい!
サムネのシーンと、彼がうそを見せてくれるシーンがすげえ好きだ。なんつうか、スペシャで流れててもおかしくない雰囲気…すなわち好きな雰囲気…。
歌詞を完全になぞるPVも好きなんですが、個人的にはこういう、歌詞世界を消化して自分のものにしてから描くPVが大好きです。若干Pの初音さん楽曲って、PV作るのは本当に難しいと思うんですよね。本家がまず最強のPVだし。だけど、こういうPV、もっと増えたら楽しいなぁ。

(若干Pのアスキー記事、読みました。にやにや。にやにや。)
(流れの早いボカロ界ですが、いろんなスタンスの人がいて楽しいです)
(聞き手が曲を消費しっぱなしにするんじゃなくて、飲み下して消化して投げ返せるのが容易いという点は、今までの音楽の遊び方と異なると思います)
(んで、面白い遊びがあるなら乗っからなきゃ損だろうと)
(もうそれは「ミクちゃん」がどうのって事じゃないんじゃないでしょうか)
(散々いろんなとこで出てる考察ですが、初期こそ「ミクらしさ」を求められていたけれど、今やっとツールとしてミクが見られている段階に来ているのではないかと。ミクの使い手じゃなくて、聞き手側が)
(キャラとして見る人、ツールとして見る人、いろんな見方があるから話噛み合わなくて論争起きるんかなぁと思ったり)
(とは言え、ボカロ界隈は本当に詳しくないので、私は一部分しか見ていないのでしょうが)



その他、最近よかったもの。

体温低い感じと、きれいすぎないサウンドが気持ちいい。歌詞が悲しくていいな。


ほの暗い感情が垣間見える可愛い曲、好きです。
JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID


ミクフェスで誰のCD買ったの、って田中和夫氏です。ン・ワダアキ「ナショナリズム」すばらしい。


場内をぶらぶらしていると目に留まって、どこかで見たようなと記憶をたどる。そして前日に↓を聴いていて「あ、この人か…」と思い出したので買ってみたら、これが大当たり。

(CDには入っていない曲なんですが、これもおすすめ。私のリンブームを後押ししてくれたと思う)

基本的には、これぞ王道エレポップ!という感じで、どの曲もすごく可愛い。だけど可愛いだけじゃなくて、どこか引っかかる感じがたまりません。引っかかるというか、一筋縄じゃいかない感じ? きっちり可愛らしいのに、けして甘くないサウンドだと思います。
もう少し伸びてもおかしくないと思うのですが…わからんなぁ。
個人的に伸びそうなのに…と思った曲。つらつらと。

この曲が個人的には一番、↑で言っていたようなサウンドかなぁ。歌詞超かわいい。これは良いツンデレですよ。


解放感があって、爽やかで心地いい音です。

でもこういう曲や、こういう曲も作られるので幅広いなぁと感心するしきり。ピコピコだけじゃないんですよ。ちなみに毎回作詞されてる方は変わるそうで、それもちょっと面白いなァと思いました。
いちおしです。
JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID


面白い企画が行われてます。

↑のマイリスにも詳細が書いてありますが、捩れたアヒルが先日出したCD『アヒルアルカナ』にてタロット絵を描かれた絵師・時田さんの絵からインスピレーションを受けた曲を発表していこうというもの。本日解禁という事で、これからも増えていくのかな? 楽しみです。アングラカタログでお馴染みの面々もいたりして。知らないPも発見出来たので、これは嬉しい。自分も絵を描くのですが、ああいうボカロの解釈は出来ないので本当時田さんの絵好きです。ともすればアキバ系文化にくくられがちなボカロなんだろうけど、いろんな立ち位置の人がいるのが本当に面白い。ミクだからやっちゃいけない事って多分ないんだと思う。

ツアー形式になっているので、まずは山本ニューさんの時田さんからどうぞ!


ボカロを使用していない曲もあったりして、非常に楽しい企画だなあ。
個人的にはスPの曲に驚いた。

これ、ボカロじゃないんです…トキタロイドなんです…。全部時田さんという(笑)
JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID

最近見つけてハマったP。


こんな人を見逃していたとは! ローテンションだけどザクザクしたギターにミク声っていいですな。『惨事のハニー』の、だるっとした感じィイネ! 歌詞も好き。『おてがみちょーだい』はイントロからやられました。動画も地味に好き。ミクの声、可愛い。
マイリスはこちらから

あと、この人。

歌詞いいな。なんか泣きそうになりました。
ボカロは声を張り上げられないから作業用BGMに向く、みたいな事をどっかで見たのですが、特にミクゲイザー方面は向くんだろうなぁ。個人的にはピコピコよりもギターの方が作業邪魔されないので。でも、静かな中に熱さを感じられるのがいいよねー。

***

他、気になるものたち。

新生活への期待と不安がきれいに音楽で表現されてて好きだなー。


かっわいいいいいいいいいいいい!!!!!
ミクの表情がかんわいいいいいい!!!!!
野生のNHKタグ好きです。NHK大好きっ子でした。


そうそう、ミクフェス行ってきました。参加された方、お疲れ様でした。
買ったCDをずっと聞いてるんですが、いいぞーこれはいいぞー楽しいぞー。
S.C.Xさんのコンセプトミニアルバムと、wintermuteさんのアルバムが最大の目的だったんですが、どっちもいい! ピアプロ等から既にmp3持ってると言っても、やっぱりCD欲しくなってしまうなぁ。というかジャケットがお洒落だ。
『Road of 4 elements』はコンセプトからして好み直球でした。懐かしくて新しい、珠玉の曲ばかり。『STRAY LIGHT』は曲順もよろしい感じで、しっかりロックなのに耳に気持ちいいってたまらんな。ミクゲイザータグがお好きな方には必携モンですわ、これ。
それから、ちょいちょい気になって買ってみたCDが大当たりでした。折にふれ、紹介していきたい。
アヒルアルカナとFRAGMENTSも注文したので楽しみです。届いたら、アヒル全曲語りとかやりたいなぁ。ブログには書いてないんですけど、カオスPの曲がぐわんぐわん衝撃きてます。届くまでデモを楽しむぞ。