note et silence

好きなボカロ曲を羅列するだけのブログ
<<prev entry | main | next entry>>

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:ニコ☆VOCALOID

ミク以外って本当にあんまり聞けてないんだなぁ…自分…。そもそもミク曲が多いのもあるとはいえ。

ネタ曲なのに普通に可愛いから困る。テトのコーラスも可愛い。


ネタ曲なのに普通に格好いいから困る。王道おしゃれサウンド。このリンの声いいな。好きだな。滑らかできれいだな。


可愛いのに、動画にちょいちょいネタが仕込まれてるから困る。イントロ〜Aメロが非常に好き。


あっという間の殿堂入りでした…曲、動画、声すべての完成度がすげえっす。この記事でも騒ぎましたが、ぶっちぎりPのリン声がモロ好みなんですよね。
そして、私はこの曲を眼鏡属性を持つすべての人に薦めたい。眼鏡と眼鏡をかける人間の関係性、それらがもたらす効果について自分なりにアツく語れる人に薦めたい。いやー、眼鏡属性持ちの観点からみても、この曲の歌詞は素晴らしい。深い。眼鏡とメガネ(かけている人を指す)の関係のひとつが描かれている…。
そんなリンの声にそんな歌詞、そしてファミコン的世界観を合わせられたら、飛べるわ!
しかし、まぁなんです。今まで、あんまりボカロをキャラクターと見た事がなかったんですが(なんというか、あくまで歌い手・ツールという第3者的な存在として見てました)(すなわち非萌え対象である)、このリンはど真ん中ツボすぎます…。イケリン! イケリン! 強制的に世界に巻き込まれて、ギャンギャンとブチ切れながらも「なめんな!」と反逆する女子。若干ヒスっぽいところ含めて、素晴らしい。素晴らしい。
だいっすきだああぁぁぁぁ〜…

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://n-e-s.jugem.jp/trackback/40

TrackBacks: